ココが知りたい

探偵キーワード

不動産用語には、「聞いたことはあるけど、よく知らない…」という言葉があふれています。
モチイエを検討しているあなたにとって、知っておいた方がよい言葉を見落としている可能性も…!
そんなモチイエキーワードを、分かりやすく解説します。

どうしたら慰謝料はもらえるのか、いくらくらいもらえるのか。今回は「慰謝料」について説明していきます。

慰謝料とは?

慰謝料とは,浮気していたパートナーとその浮気相手から受けた精神的な苦痛に対して支払われるお金、また、離婚時には別途離婚に対する精神的苦痛に支払われるお金のことを指します。パートナーや浮気相手に慰謝料を請求することは不法行為に基づく損害賠償請求として法律で認められています。

慰謝料の相場

浮気後、別居をせず夫婦関係を継続する場合50万円~100万円、浮気後、別居に至った場合は100万円~200万円、浮気後、離婚に至った場合は200万円~300万円が一般的な相場です。ほかに、浮気による損害が大きいほど慰謝料も高くなる傾向です。

慰謝料の増減

慰謝料の金額は、浮気による別居や離婚のみならず婚姻期間の長短や不倫の内容などで変わってきます。ここで慰謝料の金額を左右する主な項目についてご紹介いたします。

1.パートナー・浮気相手の年齢差が大きいほど思慮分別の差や浮気の主導性に影響が出るため、増額されることが多いとされています。
2.離婚後の再スタートが困難になりやすいという理由から,婚姻期間が長いほど,慰謝料は高額になります。
3.浮気発覚以前、家庭円満であった場合,浮気相手が家庭を崩壊させたと判断され,責任が重くなる場合があります。
4.パートナーが浮気をするようになった落ち度(性交渉の頻度が少ないなど)が依頼者自身にある場合は、慰謝料は減額されることがあります。
5.浮気相手が、自分のパートナーが既婚者だと知っていたか否かも増減材料です。既婚者だと知っていて浮気をしていた場合、悪質とみられ増額されることがあります。
6.浮気の回数が長年にわたり繰り返されていると高額となります。
7.依頼者がうつ病になるなど、浮気によって大きな精神的損害が発生し、それを裏付ける証拠(病院の診断書など)があると、増額となります。
8.夫婦間に子どもがいる場合、婚姻関係破綻による影響が大きく、精神的な損害も大きいため増額要素とされています。

オンラインで。お会いして。選べるスタイルで疑問解消を直接お手伝いします。

ご相談窓口

調査依頼って、何から始めたらいいの? 自分に合う調査って?…などなど。
あれこれ悩む前に、プロに聞いちゃいましょう!相談窓口では、調査もこなすスタッフがあなたのお悩みに答えます。お気軽にご相談ください。

かんたんWEBフォームでご相談

時間を気にせず相談したいという方はこちら。 浮気調査について、ご希望の条件に応じた調査のご紹介はもちろん、費用や探偵社への疑問など、調査依頼に関する色々なご相談にスタッフがしっかりとお答えします。